• 企業情報
  • 事業内容
  • 採用情報

企業情報

沿革

1965年12月 昭和41年完成予定の富士重工業(株)(現、株式会社SUBARU)の本社ビル(スバルビル)のビル管理会社として旧スバル興産株式会社設立
1966年1月 スバルビルを所管し、営業開始
1968年8月 宅地建物取引業者免許(東京都知事)を取得
1969年1月 保険代理業開始
1970年5月 不動産事業開始
1972年4月 リース事業開始
1972年10月 旅行代理業開始
1975年12月 不動産業、都知事免許から建設大臣免許に変更
1977年2月 スバル建物株式会社設立エビススバルビルを所管し、営業開始
1982年11月 国内旅行業の新規登録認可
1983年4月 クレジット業開始
1985年6月 一般旅行業の資格取得
1990年12月 エビススバルビルに管理部門、ファイナンス部門を移転
2000年4月 多目的ホール「EBIS303」営業開始
2000年4月 スバル建物(株)がスバル興産(株)、スバルコーポレーション(株)を吸収合併し、社名をスバル興産株式会社に変更して再スタート
新生スバル興産は不動産業に徹し、金融部門はスバルファイナンス(株)に営業譲渡また、(株)エフ・オー・ディより旧富士重工業(株)(現、株式会社SUBARU)大宮製作所跡地を取得し、さいたま市北部拠点の再開発に着手
2004年4月 さいたま市北部拠点宮原地区の再開発事業の主要施設である「ステラタウン」がオープン
2004年9月 日本初開催のWRCラリージャパンに応援ツアーを催行、1,600人を動員
2005年9月 前年に引き続きWRCラリージャパンに応援ツアーを催行、1,200人を動員
2006年3月 ベストブライダル開業
2006年8月 WRCラリージャパンに応援ツアー催行、480名を動員
2007年10月 WRCラリージャパンに応援ツアー催行、407名を動員
2008年4月 不動産部と大宮営業部を統合し、不動産営業部とする
2008年6月 新宿ビル営業部と恵比寿ビル営業部を統合し、ビル営業部とする
2009年6月 不動産営業部から大宮地区事業を分離させ大宮事業部とする
不動産営業部は、組織を「新宿・恵比寿・施設」と3グループ化し、統括名も不動産事業部と改称
2011年12月 恵比寿スバルビルでの営業を終了
恵比寿から新宿へ転居し、新宿スバルビルへ機能を集約
2013年10月 大宮ステラタウン「公園棟」が開業
2014年2月 新宿スバルビル貸会議室等営業を終了
2014年4月 第1不動産本部、第2不動産本部、事業管理本部に組織改編
2014年7月 エビススバルビル完成
2014年8月 富士重工業株式会社(現、株式会社SUBARU)とともに、新宿スバルビルからエビススバルビルに本店移転
Event Space EBiS303「イベントホール」「カンファレンススペース」開業